garafactory

街のどこかで

落とし物の経験、きっと一度はあるのではないでしょうか。
落とした経緯はうっかりから色んな偶然が重なってのことだったり色々あると思います。
自分自身、落とし物をしてもわりと早い段階で気が付いて見つけては高確率で戻ってきたほうなのですが、
最近とても愛用していた物をなくしてしまい、その時ばかりは見つからず…
泣く泣く諦めをつけて、今までの感謝の気持ちとともにお別れをしました。
大げさなようですが、とても大切にしていたので思い入れも強かったんですよね。
失くしたことがまた別の出会いのきっかけにもなったので、
ポジティブに切り替えつつも自分への戒めになりました。
街で見かける落とし物にどこか哀愁を感じるのは持ち主の背景を想像するからでしょうか。
画像はそんな風景を切り取った柄。(和の図案・秋に収録)
季節柄きっとこんな場面に出くわすこともあるだろうなと思います。
落とし物にはくれぐれもご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です